不登校中学生の進学先は全日制高校だけじゃない

不登校中学生の進学先は全日制高校だけじゃない

不登校中学生が進学先について考えるとき、「自分でも入れる学校はあるのか?」「内申書の欠席日数が影響するのでは?」と心配になると思います。
全日制高校には、内申書を重視せず学力検査の結果を合否の基準にしているところもあります。もちろん、相応の高い学力が求められることになりますが、学習塾や家庭教師、自宅学習で勉強できれば、十分目指すことができます。ただし、全日制高校はそれまでの中学校と同じく集団教育であり、環境としては大きく変わらないことがほとんどです。不登校となった原因が、特定の友達や教師との人間関係にある場合は、高校で新しい環境になれば問題なく登校できるようになるケースもありますが、コミュニケーションが苦手であったり、学力の伸び悩みが原因だったりする場合は、全日制高校でまた同じ問題に直面して不登校が再発する恐れもありますので注意が必要です。
全日制高校以外の進学先も検討してみましょう。内申書や学力検査ではなく、面接を重視して合否を決める学校もあります。通信制高校や定時制高校、フリースクール(NPO法人やボランティア団体、個人が運営する民間の教育機関)などがその代表例です。このようなタイプの学校でも、不登校の再発がないとはいいきれませんが、不登校生徒を多く受け入れているので、生徒へのサポートや心のケアがしっかりしているところもあります。
また、最終的に大学や短大、専門学校への進学を目指すのであれば、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定)を受けるという方法もあります。これは、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験であり、合格すると大学や短大、専門学校の受験資格を得ることができます。就職や資格試験等に活用することができます。
ただし、高卒認定に合格しても高校を卒業したことにはならないので、大学や短大、専門学校に進学しなければ、最終学歴は中卒のままとなることに注意してください。