不登校生徒の高校受験

不登校生徒の高校受験

現在の高校入試は、学力試験と内申書の総合点で合否が判定されるのが主流です。不登校の生徒本人やその親は、高校受験にあたって、出席日数が少ないことが不利になるのではないかと心配されていることと思います。
実際は、出席日数自体が評価されるというより、日々の学業成績が評価されない(欠席により評価できない)ことが内申書に影響するようです。高校入試における内申書の比重は、低くなってきているようですが、それでも心配なことにかわりはありません。高校によって入試方法や合否判定が異なるので一概には言えませんが、まずは本人がどのような進路に行きたいのかを話し合い、希望に添えるように、親や学校で支援するのが望ましいでしょう。
学校によっては、内申書や出席日数などを一切問わず、面接だけで入れるところもあるようです。通信制高校や単位制高校、フリースクールなどさまざまです。面接では、学校の志望理由に加え、不登校の状況や不登校になった理由などを聞かれることが多いようです。具体的には、不登校の状況として、いつからどれくらいの期間欠席していたか、別室登校や保健室登校はしていたか、欠席して家にいる間どうすごしていたか、勉強はどのように進めていたかなどが聞かれます。不登校になった理由についても、率直に、できるだけ詳しく回答しましょう。答えにくいと感じるかもしれませんが、大切な質問です。そのほかにも、高校に入学後にもし再発しそうになったらどう対処するのか、といったことも質問されます。また、保護者同伴で行われる学校もあります。入試要項を確認しておきましょう。
不登校の子どもの状態にもよりますが、別室登校などで出席日数を確保し、定期テストだけは別室等で受けて、内申書の最低ラインはクリアしておく、という方法もあります。通信教育や塾、家庭教師などを利用して、自宅で勉強し学力を高め、高校入試を突破する方法です。この方法が取れるかどうかは、不登校となった原因や別室登校ができる状態にあるかどうかにもよります。子どもの状態や希望を見極め、学校側とも相談した上で、その子にとって最適な方法を見出しましょう。